たわらもとでうまれたももたろう

【田原本で生まれた桃太郎】

山陽道を制圧した四道将軍の1人であり、おとぎ話「桃太郎」のモデルと伝えられている「吉備津彦命(きびつひこのみこと)」は、第7代孝霊天皇の皇子で、父孝霊天皇の都があった田原本町黒田の黒田廬戸宮(くろだいおとのみや)で生まれ育ったと言われています。

この吉備津彦命が、大和朝廷の命により吉備の国(現在の岡山県)の平定に派遣された伝説から、桃太郎の物語が語られました。

ほかにも、香川県高松市、鳥取県日野地方などの各地に鬼退治伝説がありますが、田原本町はこれら伝説の生まれた起点であり、「桃太郎伝説発祥の地」と言われています。

今も残るゆかりの場所として、黒田廬戸宮跡に建てられたとされる法楽寺があり、その境内には「黒田盧戸宮跡」の石碑が建てられています。

また、孝霊天皇を祭る孝霊神社は、明治までは法楽寺の境内にありました。

 

    

 黒田盧戸宮跡石碑        桃太郎キャラクター「ももたん」

number
  • facebook
  • twi
tel
mail