なごしおおはらいしき(むらやじんじゃ)

【夏越し大祓い式(村屋神社)】

茅の輪くぐりで無病息災祈願

毎年6⽉30⽇、本格的な夏を前に、村屋神社では「夏越し⼤祓式(⽔無⽉祓い)」の神事が⾏われます。
このお祭りは、半年間の無事を感謝するとともに、残りの半年間の息災を祈願するものです。
奈良時代の宮中⾏事であり、⽇本最古の宗教儀礼とも⾔われています。
村屋神社では、拝殿前の庭に⻘⽵(忌⽵)を四⽅に⽴てた結界がつくられ、正⾯に直系1.8mくらいの茅の輪(ちのわ)が置かれます。
まず神主を先頭に茅の輪をくぐり、⽒⼦総代、参拝者と続いてくぐっていき結界に⼊ります。
参拝者は⽩紙で作られた「⼈形」に息を3度吹きかけて半年間の罪穢れをここに移し、神主の⼤祓いの祝詞が奏上されます。
その後、1.5cm⾓に切った⿇(紙で代⽤)と御幣をつけた茅で⾃⾝を祓い清めます。
⼈形や茅を三宝に戻す際、各⾃が家で切って紙に包み持参した⼿⾜の⽖も⼀緒に置きます。
最後に結界を切って、使い終わった茅の輪、忌⽵、⼈形、⿇、⽖を神社東側を流れる初瀬川(⼤和川)に流して終了です。
古くから現代に引き継がれてきたこの神事には、暑く厳しい奈良盆地の夏を無事に過ごしたい、という古⼈の素朴な願いが込められています。
詳細情報
名称 夏越し大祓い式(村屋神社)
エリア 東部
住所 奈良県磯城郡⽥原本町⼤字蔵堂426
TEL 0744-32-3308
FAX 0744-32-3308
開催日 6⽉30⽇/⾒学⾃由
駐車場 あり
駐車台数 公共交通機関の利⽤を推奨
ホームページ http://murayajinja.com/nenjugyoji/ohharai/
【電⾞】近鉄⽥原本駅/西田原本駅から東へ約2.5km、タクシーで約10分
【⾞】⻄名阪⾃動⾞道 郡⼭・天理・法隆寺ICから約20分、⼤阪市内から約1時間
【徒歩】近鉄⽥原本町駅/西田原本駅から約35分/JR桜井線 巻向駅から約30分
【トイレ】あり/近隣︓初瀬川展望公園にもあり
number
  • facebook
  • twi
tel
mail