いちご(ことか)

【いちご(古都華)】

奈良でしか⽣産できないブランドいちご

奈良県農業総合センターが「7-3-1」と「紅ほっぺ」を掛け合わせて育成し、2011年(平成23年)に品種登録されました。
発表した翌年の2010年が「平城遷都1300年」だったこと、古都・奈良の新たな゛華“となって欲しい、と公募の中から命名されました。
果⽪はツヤのある濃いルビー⾊。強く⽢い⾹りが特徴で、⽐較的糖度が⾼く味わいは濃厚。適度な酸味も味わえます。
果⾁は淡紅⾊で、細⻑くスマートで⼤粒なものが多く、しっかりとした⻭ごたえ・⾷べごたえがあります。
果実は固くて⽇持ちがよく、収穫時期による酸度の変動も少ないので、シーズンを通して味のばらつきが少ないです。
⼀般的に苗の購⼊はできず、栽培も奈良県のみで可能な上、他の品種よりも栽培管理技術が必要とされるため、県内でも栽培農家はまだ少ないのが現状です。
特に⼟耕栽培の農家は少なく、多くは⾼設栽培されています。
出荷時期は12⽉〜5⽉下旬頃までです。(※産地や天候などによって変化)総⽣産量が少ないため稀少性が⾼くなっています。
number
  • facebook
  • twi
tel
mail