けちんさい(やさかじんじゃ)

【華鎮祭(八坂神社)】

五穀豊穣と無病息災を願う正⽉の神事

毎年2⽉の第4⽇曜⽇に⾏われる、五穀豊穣と村⼈の無災を祈るための伝統⾊豊かな神事で、⼸⽮で悪霊を射すくめ、その年の安泰を祈り、稲の豊作を願う正⽉の⾏事です。
⼋坂神社は、縁結びの神様として厚い信仰を集めている村屋神社(村屋坐弥冨都⽐売神社 むらやにいますみふつひめじんじゃ)の兼務社ですが、華鎮祭は⼋坂神社の境内で⾏われます。
華鎮祭の神事は13︓30ごろから始まり、神主の祝詞奏上に続いて華鎮祭⽂が読み上げられ、まずは神主が梅の⼸に⼥⽵の⽮をつがえて射ります。
次に五⼈組の若者が各9本ずつ⽮を射り、皆射り終わると参詣者は的を⽊っ端微塵に打ち破り、取り合いを演じます。
その破⽚を各⾃家に持ち帰り、災難除けや蛇除けのまじないとして神棚に祀ります。
詳細情報
名称 華鎮祭(八坂神社)
エリア 中央
住所 奈良県磯城郡⽥原本町阪⼿303
TEL 0744-32-3308(村屋神社)
FAX 0744-32-3308(村屋神社)
開催日 2⽉第4⽇曜⽇/⾒学⾃由
駐車場 なし
ホームページ http://murayajinja.com/nenjugyoji/kechinsai/
【電⾞】近鉄⽥原本駅/西田原本駅から約1km
【⾞】⻄名阪⾃動⾞道郡⼭ICから約7km、約15分
【徒歩】近鉄⽥原本駅/西田原本駅から約15分
【トイレ】なし
number
  • facebook
  • twi
tel
mail